Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

店員のおすすめ

login
店員のオススメ
『まいごのどんぐり』 松成真理子 (童心社)
『まいごのどんぐり』 松成真理子 (童心社) [バイヤー(児童書)] NEW

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

幼いころ大事にしていたものは、大人になった今でも体のどこかで覚えていて、その記憶が素敵な思い出だったら一生忘れないかけがえのないものになるんじゃないかと思わせてくれた1冊を紹介します。春の野原の...

『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』 山﨑圭一 (SBクリエイティブ)
『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』 山﨑圭一 (SBクリエイティブ) [本沢合店] NEW

本沢合店・店長:細川のおすすめ

学生時代は理系科目が好きで、なかでも数学や生物が好きだった。文系科目では古文や現代文が苦手(今では書店員なのに)で、特に古文の~活用等は覚えるのに大変苦労した記憶がある。ただ、歴史だけは戦国時代...

『ナナメの夕暮れ』 若林正恭 (文藝春秋)
『ナナメの夕暮れ』 若林正恭 (文藝春秋) [連尺店] NEW

連尺店:秋元のおすすめ

ここのところ多様性という言葉をよく耳にします。おそらく多様性とはそれぞれの人物が持つ個性によって生まれてくるものでしょう。しかし残念なことに、世の中にはそうした価値観の違いを認めようとしない人...

『自衛隊防災BOOK』 (マガジンハウス)
『自衛隊防災BOOK』 (マガジンハウス) [サンストリート浜北店] NEW

サンストリート浜北店・店長:小栗のおすすめ

地震や台風などの災害が立て続けに襲いかかってきている現在、自分や大切な家族を,守るために必要なものとは何か。そして事前の備えとして何が大切か。本書は日頃私たちを守り、緊急時には人命救助などの災...

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』 安田正 (三笠書房 )
『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』 安田正 (三笠書房 ) [バイヤー(ビジネス書)] NEW

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

気くばり、気づかい。 という言葉と縁遠いところで生活してまいりました。 以前、カルビー会長兼CEOの松本晃氏のお話をお聞きしたことがあります。 部下がついてくる上司とは実績、理論、人徳だそうです...

『キングダム』 新野剛志 (幻冬舎)
『キングダム』 新野剛志 (幻冬舎) [営業本部] NEW

営業本部:野尻のおすすめ

40歳を過ぎた頃から、完全に徹夜ができなくなった。そして、普段から早起きの習慣がついているせいか、お休みの日も遅くまで眠れず、普段どおりに起きてしまう。したがって、どんなに面白い本がやって来よ...

『だいすきぎゅっぎゅっ』 フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン デイヴィッド・ウォーカー(イラストレーター) 福本友美子 (岩崎書店 )
『だいすきぎゅっぎゅっ』 フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン デイヴィッド・ウォーカー(イラストレーター) 福本友美子 (岩崎書店 ) [高松店]

高松店・児童書担当:松山のおすすめ

  うさぎの親子の朝起きてからねるまで、その合間の「だいすきぎゅっぎゅっ」が とてもかわいらしい作品です。うさぎの子供のうれしそうな顔、お母さんもだっこの 時間を楽しんでいる様にみえ...

『局地的王道食 1』松本英子(講談社)
『局地的王道食 1』松本英子(講談社) [バイヤー]

バイヤー:永山のおすすめ

私は「かたいプリン」が好きだ。 一時はやたらと”なめらか”を売りにしたゆるいプリンが跋扈していたのを少し苦々しく、寂しく思っていたぐらいには「かたいプリン」派である。 こ...

『アンドロイドタイプワン 1』 YASHIMA (双葉社)
『アンドロイドタイプワン 1』 YASHIMA (双葉社) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:阿部のおすすめ

  アンドロイドは人間足り得るか?本作を読んで映画ブレードランナーやエイリアン、最近ではエクスマキナ海外ドラマのウエストワールドやテレビゲームのDetroit: Become Hum...

『Cinema』Ludovico Einaudi
『Cinema』Ludovico Einaudi [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)の『cinema』大好きなグザヴィエ・ドラン監督の『マミー/Mommy』で発見。映画内でルドヴィコ・エイナウディの「Experienc...

『現代文読解のテーマとキーワード』 児玉克順 (学研プラス )
『現代文読解のテーマとキーワード』 児玉克順 (学研プラス ) [バイヤー(学習参考書)]

学習参考書バイヤー:清水のおすすめ

  現代文が苦手な方にお勧めします。本書では、文章を読み解くには、読解力だけでなく、「知の下地」を身につけることが重要だとしています。時代の流れ、文化、経済、社会、といったテーマが、...

『全電源喪失の記憶』 共同通信社原発事故取材班 高橋秀樹(記者) (新潮社)
『全電源喪失の記憶』 共同通信社原発事故取材班 高橋秀樹(記者) (新潮社) [外商部・管理部]

管理部:冨永のおすすめ

先日の北海道地震でおきた全域に渡る停電、いわゆるブラックアウト。 発電所、電力に関するニュースもいろいろなメディアで流れていました。7年半前の東日本大震災での福島原発の事故を思い出した方もいるの...

『パパはわるものチャンピオン』 板橋雅弘 吉田尚令 (岩崎書店 )
『パパはわるものチャンピオン』 板橋雅弘 吉田尚令 (岩崎書店 ) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

男の子の多くは、テレビの影響もあり、正義の味方「ヒーロー」に憧れがあります。常に「わるもの」である悪との戦いが頭にあり、私も甥っ子のために「わるもの」を演じ、なんども戦った記憶があります(笑)プ...

『負けグセ社員たちを「戦う集団」に変えるたった1つの方法』 田村潤 (PHP研究所)
『負けグセ社員たちを「戦う集団」に変えるたった1つの方法』 田村潤 (PHP研究所) [本沢合店]

本沢合店・店長:細川のおすすめ

私自身がバイヤーから店舗の店長に異動したからか、最近どうもビジネス書やビジネス誌が目に入って仕方がない。昔読んだある本に「本人がある情報を欲している時には、自然と欲しい情報が目や耳に入ってくるも...

『言いまつがい』 ほぼ日刊イトイ新聞 糸井重里 (新潮社)
『言いまつがい』 ほぼ日刊イトイ新聞 糸井重里 (新潮社) [パルシェ店]

パルシェ店・文庫担当:中谷のおすすめ

  いつものように文庫コーナーで本を物色していたら、何やら気になるタイトルの本がある。「言いまつがい」との出会いはこうして始まりました。 ほぼ日刊イトイ新聞に投稿された言いまちがいの...

『吉野式古典文法スーパー暗記帖 完璧バージョン』 吉野敬介 (学研教育出版 学研プラス )
『吉野式古典文法スーパー暗記帖 完璧バージョン』 吉野敬介 (学研教育出版 学研プラス ) [磐田店]

磐田店・学参担当:山本のおすすめ

  勉強にも得意科目と苦手科目があると思います。苦手をなんとかしたい、そんな方におすすめします。 古典のテストの点が1ケタだったある高校三年生が、本書を使い勉強したところたった1ヶ月...

『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』 伊神満 (日経BP社)
『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』 伊神満 (日経BP社) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

経営学の名著「イノベーションのジレンマ」をご存知でしょうか。 私も昔、挑戦しましたが、「ふーん」くらいで終わった記憶があります。 経済学を平易で分かりやすく解説しつつ、なぜ大企業はイノベーション...

『1ミリの後悔もない、はずがない』 一木けい (新潮社)
『1ミリの後悔もない、はずがない』 一木けい (新潮社) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

なんだろう。何がこれほど自分の心に響いたのだろう。いい。すごくいい。そして、意味もわからず涙が溢れた。全く的はずれかもしれないが、個人的にそれはキリンジのあの名曲『エイリアンズ』を聴いた感覚に...

『東大教授がおしえるやばい日本史』 本郷和人 和田ラヂヲ 横山了一 滝乃みわこ (ダイヤモンド社)
『東大教授がおしえるやばい日本史』 本郷和人 和田ラヂヲ 横山了一 滝乃みわこ (ダイヤモンド社) [松岡店]

松岡店・児童書担当:山澤のおすすめ

  “人物を知れば、日本の歴史がざっくりわかる“  有名な偉人たちのすごい一面・やばい一面が紹介されていて、偉人と呼ばれた人たちもみんな普通の人間だ...

『『罪と罰』を読まない』岸本佐知子 三浦しをん 吉田篤弘 吉田浩美 (文藝春秋)
『『罪と罰』を読まない』岸本佐知子 三浦しをん 吉田篤弘 吉田浩美 (文藝春秋) [バイヤー]

バイヤー:永山のおすすめ

「読まない」というのは「読むもんか!」という拒否の意ではない。むしろ積極的に「読まずに読もう!」という試みだ。『罪と罰』を読んだことがない、導入だったり話の筋はなんとなく知っているけど細部までは...

全部で180件中 1-20件を表示