Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

店員のおすすめ

login
店員のオススメ
『After Image』 There is a fox
『After Image』 There is a fox [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

There is a fox。京都在住の牧野博高というギタリストのソロ・プロジェクトだそうだ。最初に知ってからずっと日本人とは知らず、音だけ聞いて誰か調べていなかったので、驚いた。映像のように、...

『科学のなぜ?新事典』 川村康文 理科教育研究会  (受験研究社)
『科学のなぜ?新事典』 川村康文 理科教育研究会  (受験研究社) [バイヤー(学習参考書)]

学習参考書バイヤー:清水のおすすめ

  子どもたちの興味は、多岐にわたっています。 「どうして?」「なんで?」の質問攻めにあう親御さんも多いのではないでしょうか。 本書は、質問形式で構成されていて、自分の知りたいところ...

『かげきしょうじょ!!』 斉木久美子 (白泉社)
『かげきしょうじょ!!』 斉木久美子 (白泉社) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:生澤のおすすめ

歌劇音楽学校で未来のスターを夢見る少女たちの青春物語り。 「トップに、オスカル様になりたい!」と天真爛漫な主人公、身長178センチのさらさと、元国民的アイドルグループ出身で人見知りの愛。 入学...

『なんでもいっぱい大図鑑ピクチャーペディア』 Dorling Kindersley スミソニアン協会 オフィス宮崎 オフィス宮崎 (河出書房新社)
『なんでもいっぱい大図鑑ピクチャーペディア』 Dorling Kindersley スミソニアン協会 オフィス宮崎 オフィス宮崎 (河出書房新社) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

図鑑の平台には小学館の図鑑NEO、講談社の図鑑MOVE、学研の図鑑LIVEをはじめ、「くらべる図鑑」「あたまのよくなる図鑑」などいろいろな切り口の図鑑がたくさんあります。そんな激戦区の平台の中で...

『KGBスパイ式記憶術』 デニス・ブーキン、カミール・グーリーイェブ 岡本麻佐子:訳 (水王舎)
『KGBスパイ式記憶術』 デニス・ブーキン、カミール・グーリーイェブ 岡本麻佐子:訳 (水王舎) [本沢合店]

本沢合店・店長:細川のおすすめ

そもそも、KGBとはなんぞや?というところですが、KGBとは旧ソ連にかつて存在し、“東西冷戦時代最強の情報機関”と呼ばれた「ソ連国家保安委員会」のことです。一言で言えばス...

『試練の2017年大谷翔平を巡る言葉の記録』 端憲二 (幻冬舎メディアコンサルティング)
『試練の2017年大谷翔平を巡る言葉の記録』 端憲二 (幻冬舎メディアコンサルティング) [外商部・管理部]

外商部:永井のおすすめ

大谷翔平がケガに苦しみながらも、メジャー挑戦に向けて全力で駆け抜けた一年を、関係者の言葉で追ったドキュメンタリーです。   2018年、アメリカのメジャーリーグではヤンキースのあのベ...

『全国マン・チン分布考』 松本修 (集英社インターナショナル 集英社 )
『全国マン・チン分布考』 松本修 (集英社インターナショナル 集英社 ) [三方原店]

三方原店・店長:帯金のおすすめ

「全国アホバカ分布考」に次ぐ分布考モノ第2弾であります。前著がアホバカ表現の考察だったのに対して、今回は「男根」「女陰」表現の分布図を作るという、前代未聞の取り組みがなされています。内容が内容...

『FACTFULNESS』 ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作  (日経BP社 日経BPマーケティング )
『FACTFULNESS』 ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作  (日経BP社 日経BPマーケティング ) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

発売一ヶ月で25万部突破という今年最初のビジネス書ヒット作となりました。 どんな本なのかというと「データに基づいて、世界を考える」ということ。 世界を正しく捉える為に必要な考え方を身に付けようと...

『一日江戸人』 杉浦日向子 (新潮社)
『一日江戸人』 杉浦日向子 (新潮社) [マークイズ静岡店]

マークイズ静岡店:杉山のおすすめ

日本史近世の江戸時代。 江戸の人々はどんな暮らしをしてきたんだろう?本当に時代劇の様な生活? 今回のおすすめの『一日江戸人』ではお江戸に生きた人々の様子、つまりは江戸風俗を杉浦日向子さんが軽妙...

『昭和探偵 1』 風野真知雄 (講談社)
『昭和探偵 1』 風野真知雄 (講談社) [連尺店]

連尺店・店長:牧田のおすすめ

「懐かしい昭和の謎をユーモアたっぷりに解き明かす!」そんなキャッチコピーどおりに、深刻だけど何だか明るい。本格モノ好きな方には軽すぎるかもしれませんが・・・。ちょっとした、息抜きのように楽しめ...

『トクサツガガガ 1』丹羽庭(小学館 )
『トクサツガガガ 1』丹羽庭(小学館 ) [バイヤー]

バイヤー:永山のおすすめ

他人には理解されづらい"好き"を抱えている人は、意外とそこかしこにいるものだと思っている。 この作品の主人公・仲村さんは特撮好き(特オタ)で、その趣味を限られた身内以外には明かしていない、所謂『...

『イオンを創った女』 東海友和 (プレジデント社 )
『イオンを創った女』 東海友和 (プレジデント社 ) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

普段このレコメンドでは、ほとんど小説以外のオススメを挙げることはないのだが、実はビジネス書も大好きでよく読む。今回はイオン大帝国を築き上げた小嶋千鶴子の評伝、『イオンを創った女』。ユニクロの柳...

『Go Slow』 Deca joins
『Go Slow』 Deca joins [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

Deca Joins(デカ・ジョインズ)。2013年に結成された台湾の4人組バンド。今回紹介する曲は彼らの2018年の最新ミニアルバムの中から、タイトル曲になっている『Go Slow』。今どきの...

『パンダ探偵社 1』 澤江ポンプ (リイド社)
『パンダ探偵社 1』 澤江ポンプ (リイド社) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:阿部のおすすめ

人が徐々に動植物へと変わっていく奇病。次第に心も奪われ完全に変化し、人間ではなくなってしまう。さてそんな時側にいる人はどんな事ができるのか。そして変わっていく自分を彼らは受け止めきれるのか。で...

『マカン・マラン』 古内一絵 (中央公論新社)
『マカン・マラン』 古内一絵 (中央公論新社) [富士宮店]

富士宮店・文芸書担当:水野のおすすめ

「マカン・マラン」 インドネシア語で「夜食」の意味を持つこのタイトルは、同時に舞台となるカフェの店名でもあります。  先日、出版社の販売部の方がみえられた際におすすめされて、手に取っ...

『ブラウン神父の童心 新版』 ギルバート・キース・チェスタトン 中村保男:訳 (東京創元社)
『ブラウン神父の童心 新版』 ギルバート・キース・チェスタトン 中村保男:訳 (東京創元社) [本沢合店]

本沢合店・店長:細川のおすすめ

私はミステリー小説が一番好きですが、「どの作品が一番好きか?」と聞かれた際は、迷うことなく、今回挙げた「ブラウン神父」シリーズと答えます。時代的にはシャーロック・ホームズよりも少し後の1920年...

『手のしぐさイラストポーズ集』 (ホビージャパン )
『手のしぐさイラストポーズ集』 (ホビージャパン ) [イオンモール浜松志都呂店]

イオンモール浜松志都呂店・芸術書担当:富永のおすすめ

私は趣味程度ですが漫画のイラストを描いたりしています。イラストを描き始めたのは学生のころなのですが、今に至ってもすごく手を描くことが苦手です。長く続けてきてもここだけは今だに納得がいくまでかな...

『かあちゃん取扱説明書』 いとうみく 佐藤真紀子 (童心社)
『かあちゃん取扱説明書』 いとうみく 佐藤真紀子 (童心社) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

先日ようやく甥っ子にこの本を贈ることができました。私がはじめてこの本を読んだときはまだ5・6さいで、ママに叱られて泣いてばかりの頃。大人の私からすると、どうしてママに叱られることばかりするんだろ...

『メモの魔力』 前田裕二 (幻冬舎)
『メモの魔力』 前田裕二 (幻冬舎) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

すべてのビジネス書は、読むだけではもったいない。 「ボヘミアンラプソディー」を観てギター買おうか本気で思った私はなんにでも触発されるタイプです。 今年は紙とペンでメモするアナログな方法で自分を...

『ももクロ活字録』 小島和宏 (朝日新聞出版)
『ももクロ活字録』 小島和宏 (朝日新聞出版) [ららぽーと磐田店]

ららぽーと磐田店・店長:芹沢のおすすめ

モノノフ必読! メンバーたちの歩みをもっとも近い場所から取材し続けてきた“ももクロ公式記者”=小島和宏による、密着ドキュメントシリーズ『ももクロ○○録』、待望の文庫化! ...

全部で355件中 121-140件を表示