Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

店員のおすすめ

login
店員のオススメ
『読みたいことを、書けばいい。』 田中泰延 (ダイヤモンド社)
『読みたいことを、書けばいい。』 田中泰延 (ダイヤモンド社) [バイヤー(ビジネス書)] NEW

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

「あなたはゴリラですか?」 読みたいことを、書けばいい。 本書は林修先生がテレビで紹介して話題の本です。 中身は文章術の本ですが、この本はテクニック本ではありません。 最近では手書きは減ったかも...

『くろいの』 田中清代 (偕成社)
『くろいの』 田中清代 (偕成社) [バイヤー(児童書)] NEW

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

女の子が一人で帰るいつもの道、塀の上にその「くろいの」はいた。次に見たときは、バス停にすわっていた。どうやらこの「くろいの」大人には見えてないみたい。女の子にしか見えてないのです。ってこの文章だ...

『前に進む力 Keep Going』 両角速 (東海教育研究所)
『前に進む力 Keep Going』 両角速 (東海教育研究所) [外商部・管理部] NEW

静岡外商部:林のおすすめ

人間的成長なくして競技者としての成長なし。当時無名だった長野・佐久長聖高校を駅伝日本一に導き、その後就任した東海大学では今年の箱根駅伝で初優勝を果たしました。この本は「悲願」「奮闘」「再起」「...

『天気痛』 佐藤純 (光文社)
『天気痛』 佐藤純 (光文社) [富士宮店] NEW

富士宮店・店長:八木のおすすめ

学生の頃、先輩が「雨が降るのは匂いでわかる」と言っていました。どんな匂いなのか。湿った空気の匂い、とかなんとか、だった気がします。風が冷たくなったり、なんとなく、空気を重く感じたり。それでふと...

『ねじ子のぐっとくる体のみかた』 森皆ねじ子 (医学書院)
『ねじ子のぐっとくる体のみかた』 森皆ねじ子 (医学書院) [バイヤー] NEW

バイヤー:永山のおすすめ

全国の医療従事者の皆さま、もしくは医学書・看護書担当の書店員の方々にはおなじみのねじ子先生。医学書の担当として売場で勤務していた頃、コンスタントに売れ続ける医学書というのはあまり多くない中で、...

『きみはだれかのどうでもいい人』 伊藤朱里 (小学館)
『きみはだれかのどうでもいい人』 伊藤朱里 (小学館) [営業本部] NEW

営業本部:野尻のおすすめ

太宰治賞受賞から、会社全体で応援している作家さん。地元浜松出身ということが大きいが、それと同時に伊藤朱里という作家の書く物語に魅了されている。この「きみはだれかのどうでもいい人」。なんという秀...

『ストライカーを科学する』 松原良香 (岩波書店)
『ストライカーを科学する』 松原良香 (岩波書店) [磐田店]

磐田店・店長:杉田のおすすめ

「決定力不足」サッカー中継やサッカーに関する雑誌や新聞の記事の中で、一度は目や、耳にしたことがあるワードではないでしょうか。説明するまでもないとは思いますが、「決定力」とは、チャンス時に得点(...

『ゼロ!熊本市動物愛護センター10年の闘い』 片野ゆか (集英社)
『ゼロ!熊本市動物愛護センター10年の闘い』 片野ゆか (集英社) [浜松本店]

浜松本店:諸井のおすすめ

犬の殺処分ゼロへ!日本初の快挙を実現した。 奇跡と努力の物語です。 捨てられた犬猫が殺処分されている事に闘った 自治体がいる事を初めて知りました。 そして、そのすごい事をやり遂げた記録が、 こ...

『てだれもんら 1』 中野シズカ (KADOKAWA)
『てだれもんら 1』 中野シズカ (KADOKAWA) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:阿部のおすすめ

元ヤン板前男子のメンターは寡黙な庭師。あ、ちょっと気になるなあと思ったBL未満ブロマンス好きのあなた読んで損はさせませんのでぜひ!

『Migration』 Goldmund
『Migration』 Goldmund [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

Keith Kenniff(キース・ケニフ)のソロ・プロジェクト。Goldmund名義以外にも、Helios、Mint Julep、Keith kenniff名義でも活動しており、世界的な大企業...

『小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本』 安藤英明 (かんき出版)
『小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本』 安藤英明 (かんき出版) [バイヤー(学習参考書)]

学習参考書バイヤー:清水のおすすめ

作文は苦手で、原稿用紙をなかなか埋めることができない。作文力を身に付けたいけれど、どうすればいいのか解らない。そんな生徒さんにおすすめします。本書では、まず、使える言葉を増やすことから始めます...

『りかさん』 梨木香歩 (新潮社)
『りかさん』 梨木香歩 (新潮社) [パルシェ店]

パルシェ店:中谷のおすすめ

人形って何となく気味が悪い。未だにそう思います。リカちゃん人形が欲しいよう子。おばあちゃんから贈られたのは黒髪の市松人形。名前はりかさん。「違うよ、おばあちゃーん」と、思わず突っこみたくなりま...

『たかこ』 清水真裕 青山友美 (童心社)
『たかこ』 清水真裕 青山友美 (童心社) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

ぼくのクラスにやってきた転校生は、平安貴族の服装をした「たかこ」。十二単を身に着け、扇で顔をかくし、「いとはずかし」などと、昔の言葉で話す女の子です。たかこは他の子とは違うところがあり、みんなが...

『独ソ戦』 大木毅 (岩波書店)
『独ソ戦』 大木毅 (岩波書店) [三方原店]

本沢合店・三方原店 統括店長:細川のおすすめ

本書は今年7月に出たばかりですが、発売わずか11日で4刷という、異例の大ヒット本として現在注目を浴びています。そもそも、タイトルの「独ソ戦」とは何か?というところですが、第二次世界大戦中、ヒトラ...

『ころべばいいのに』 ヨシタケシンスケ (ブロンズ新社)
『ころべばいいのに』 ヨシタケシンスケ (ブロンズ新社) [サンストリート浜北店]

サンストリート浜北店・店長:内藤のおすすめ

いやなことってありますよね?毎日、楽しいばかりじゃないし、すごく腹が立つことだってある。いらいらいらいら…そんな嫌な気持ちを、違う気持ちに変えちゃうヒントが、この絵本の中にあるか...

『店長がバカすぎて』 早見和真 (角川春樹事務所)
『店長がバカすぎて』 早見和真 (角川春樹事務所) [浜松本店]

浜松本店・エキマチ店 統括店長:松下のおすすめ

書店に勤める上で、やりがいを求めつつも 業界の様々な問題や、人間関係等に葛藤する女性契約社員の物語。  バカ?な店長とのやりとりは最高に面白く、途中で大笑いしてしまった 場...

『デザイン力の基本』 ウジトモコ (日本実業出版社)
『デザイン力の基本』 ウジトモコ (日本実業出版社) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

「デザイン」 ビジネスシーンでは、お客様に対していろいろな場面で必要なスキルではないでしょうか。 POP、チラシ、ポスター、プレゼン資料、Webサイト、年賀状など 誰しも必ず役に立つアイデアが満...

『つづくをつくる』 ナガオカケンメイ (日経BP)
『つづくをつくる』 ナガオカケンメイ (日経BP) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

ある日、突然店舗のスタッフから社内流通便で本が私宛に廻ってきた。「たぶん好きだと思うから、読め」とのことだ。それが、この『つづくをつくる』だった。確かに、ナガオカケンメイさんの提唱する「長く続...

『アーモンド』 ソン・ウォンピョン 矢島暁子 (祥伝社)
『アーモンド』 ソン・ウォンピョン 矢島暁子 (祥伝社) [流通通り店]

流通通り店:田雜のおすすめ

この物語は、生まれつき脳の扁桃体が小さく、「感情」が理解できない少年・ユンジェの目線で語られます。「感情」を通さない主人公の淡々とした語りだからこそ、周りの登場人物たちが抱く「喜・怒・哀・楽・...

『声に出して読みづらいロシア人』 松樟太郎 (ミシマ社 八木書店)
『声に出して読みづらいロシア人』 松樟太郎 (ミシマ社 八木書店) [バイヤー]

バイヤー:永山のおすすめ

わりとメジャーな言語の中でも、圧倒的読みづらさで他の追随を許さないロシア語。だからこそ魅力的で、個人的に子どもの頃から気になる言語ナンバー1のロシア語。 私たち書店員や本好きの間で、もっとも馴...

全部で332件中 1-20件を表示