Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

店員のおすすめ

login
店員のオススメ
『もちまる日記』 下僕  (KADOKAWA)
『もちまる日記』 下僕  (KADOKAWA) [マークイズ静岡店]

マークイズ静岡店:風間のおすすめ

突然ですが、犬派ですか?それとも猫派ですか?私は犬派でしたが、ある日ひょんなことから猫を保護すること事があり、普段は素っ気ないのに(抱っこも嫌い)、体調不良で寝ているといつのまにか布団の中に入っ...

『お月さんのシャーベット』 ペク・ヒナ 長谷川義史 (ブロンズ新社)
『お月さんのシャーベット』 ペク・ヒナ 長谷川義史 (ブロンズ新社) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

私の大好きな韓国の絵本作家のペク・ヒナさんの新刊をご紹介いたします。それは寝苦しい暑い夏の夜に、あるアパートで起きたとってもすてきな出来事です。暑さのせいで?お月さんが溶けはじめてしまいました。...

『ロスト・ラッド・ロンドン 1』 シマ・シンヤ (KADOKAWA)
『ロスト・ラッド・ロンドン 1』 シマ・シンヤ (KADOKAWA) [浜松本店]

浜松本店 店長:細川のおすすめ

ロンドンの地下鉄の車内で、ロンドン市長が何者かに刺殺される。その地下鉄の同じ車内に偶然乗り合わせた、大学生のアル。たったそれだけのことが、彼の人生を大きく左右することになります。アルを犯人と見る...

『あの夏の正解』 早見和真   (新潮社)
『あの夏の正解』 早見和真   (新潮社) [外商部・管理部]

管理部:小栗のおすすめ

1年前、コロナ禍により中止が決まった甲子園。                   この本は甲...

『異世界おじさん 1』 殆ど死んでいる (KADOKAWA)
『異世界おじさん 1』 殆ど死んでいる (KADOKAWA) [富士宮店]

富士宮店・店長:河合のおすすめ

あーはいはい異世界ね。わかってるわかってる。タイトルがあらすじになっているパターンね。でもタイトル簡潔でいいじゃん。流行りもののワードが多すぎると検索するのに大変だからね。今だと「悪役令嬢」と...

『バーナード嬢曰く。』 施川ユウキ (一迅社 講談社・一迅社)
『バーナード嬢曰く。』 施川ユウキ (一迅社 講談社・一迅社) [浜松本店]

浜松本店・エキマチサテライト 統括副店長:永山のおすすめ

『読書家』って響き、カッコいい。そんな価値観はある一定数、常に人びとの内になんとなくあるような気がする。「読書家ってカッコいい」「自分もそうなりたい、見られたい」「でも本を読むのはめんどくさい」...

『万事快調〈オール・グリーンズ〉』波木銅(文藝春秋)
『万事快調〈オール・グリーンズ〉』波木銅(文藝春秋) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

第28回松本清張賞受賞作品の『万事快調〈オール・グリーンズ〉』(波木銅)がすごい。どうやら、満場一致で松本清張賞を受賞したようだ。若干21歳の現役大学生が。あえて言おう、こんな作品で(&lar...

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』 若林正恭  (文藝春秋)
『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』 若林正恭  (文藝春秋) [外商部・管理部]

静岡外商部:河合のおすすめ

様々な媒体で取り上げられている1冊で話題にもなっていますが、やっぱり、まだ読んでない人には薦めたい1冊。特に、自分と同じ、40代男性に。旅行記、紀行文という形を装いつつ、著者が世間に対しての疑...

『サクッとわかるビジネス教養 行動経済学』 阿部誠 (新星出版社)
『サクッとわかるビジネス教養 行動経済学』 阿部誠 (新星出版社) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

進化を続ける経済学の中で、仕事の武器となるのが「行動経済学」と言われています。人間は合理的に生きようと考えても何故か不確定要素に左右されることがしばしば起こります。ビジネスにおいては「衝動買い」...

Phil Keaggy『fragile forest』
Phil Keaggy『fragile forest』 [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

本日の読書におすすめの音楽はこれ。Phil Keaggy の 『Fragile Forest』アメリカではギターリストとしてかなりメジャーなようですが、私はこの『Fragile Forest』が...

『MY LITTLE PLANET』 岩泉舞  (小学館クリエイティブ)
『MY LITTLE PLANET』 岩泉舞  (小学館クリエイティブ) [ららぽーと磐田店]

ららぽーと磐田店・コミック担当:小松のおすすめ

1992年に刊行された短編集に未収録作品と30年ぶりの新作書きおろしが収録された一冊です。優しさと厳しさが同居するジュブナイルファンタジーの名作。中でも前作の表題作にもなっている「七つの海」は...

『入試現代文の単語帳BIBLIA 2000』 柳生好之 (学研プラス)
『入試現代文の単語帳BIBLIA 2000』 柳生好之 (学研プラス) [バイヤー(学習参考書)]

学習参考書バイヤー:清水のおすすめ

語彙キーワード集と、漢字問題集を一つにした問題集が出ました。入試では、論理的に考える思考力がとわれます。そのために必要な語彙力を、この問題集を使って養ってください。本書の特徴を説明します。見出...

『さよならじゃねーよ、ばか。』 あきやまえんま  (KADOKAWA)
『さよならじゃねーよ、ばか。』 あきやまえんま  (KADOKAWA) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:阿部のおすすめ

片思いってその言葉だけで切ない気持ちになったりします。一方通行な相手に届かない、伝わらない、そんな感情は何も恋愛に限ったことではなく友達同士、兄弟どんな関係にだってにあります。本作はそんな報わ...

『先生、感想文、書けません!』 山本悦子 佐藤真紀子  (童心社)
『先生、感想文、書けません!』 山本悦子 佐藤真紀子  (童心社) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

このタイトルからして、読みたい!と思い、発売したその日に読んでみました。主人公は本を読むのは好きだけど、「感想文は書けない!」と宿題の提出日に堂々と先生に主張する女の子。本を読んだ後は、ちゃんと...

『捕食者』 モーリーン・キャラハン (亜紀書房)
『捕食者』 モーリーン・キャラハン (亜紀書房) [浜松本店]

浜松本店・エキマチサテライト 統括店長:細川のおすすめ

本書は、アメリカの13州を股にかけて動き回り、その土地、その土地で冷酷な殺人を繰り返した、イスラエル・キーズという男の物語です。歴史上、「切り裂きジャック」や「テッド・バンディ」等、世界中にその...

『挑発する少女小説』 斎藤美奈子 (河出書房新社)
『挑発する少女小説』 斎藤美奈子 (河出書房新社) [外商部・管理部]

外商部:高柳のおすすめ

子供たちが小・中学生の頃、主に学校の図書室で出会うことの多い少女小説の名作は、世代を越えて愛され続けています。たとえば2020年6月にアメリカ映画『ストーリー・オブ・マイライフわたしの若草物語...

『野の古典』 安田登(能楽師)  (紀伊國屋書店)
『野の古典』 安田登(能楽師)  (紀伊國屋書店) [パルシェ店]

パルシェ店・店長:八木のおすすめ

古典というと、中学高校の国語の授業で、とにもかくにも眠くなる、という印象が強いかと思います。本書は教科書に載らない作品や、載っていない部分を能楽師である著者が講義の形で著したものです。教科書で...

『ヒトコブラクダ層ぜっと 上』 万城目学   (幻冬舎)
『ヒトコブラクダ層ぜっと 上』 万城目学   (幻冬舎) [ららぽーと沼津店]

ららぽーと沼津店・副店長:小川のおすすめ

「泥棒発ー自衛隊経由―神話行き。この飛行機に乗り遅れるな!」ここまで先が読めない作品には初めて出会った。だがよくよく考えてみると、特異な境遇に置かれ、そして特殊能力をもつ三兄弟に活躍させる場所...

『IN/SECTS Vol.13』 (インセクツ )
『IN/SECTS Vol.13』 (インセクツ ) [バイヤー]

バイヤー:丸林のおすすめ

大阪発ローカル・カルチャーマガジン『 IN/SECTS(インセクツ) 』をご存知でしょうか。恥ずかしながら私はお問い合わせで初めて知りました。早速、お取り寄せして購入してみました。最新号13号...

『高瀬庄左衛門御留書』砂原浩太朗(講談社)
『高瀬庄左衛門御留書』砂原浩太朗(講談社) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

第165回直木賞候補作品の『高瀬庄左衛門御留書』(砂原浩太朗)を読んだ。仕事柄、直木賞候補作が決まるとその日のうちに候補作を全て購入し、発表までに全て読む。そうして自分の中でのMy・直木賞を決...

全部で646件中 41-60件を表示