Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

店員のおすすめ

login
店員のオススメ
Mac DeMarco 『Portland』
Mac DeMarco 『Portland』 [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

Mac DeMarco 『Portland』本日の読書におすすめの音楽はこれ。マック・デマルコはカナダ出身のドリーム・ポップSSW。歌もののアルバムも素晴らしいけれど、インストアルバムも◎細野晴...

『新しい世界の資源地図』 ダニエル・ヤーギン 黒輪篤嗣   (東洋経済新報社)
『新しい世界の資源地図』 ダニエル・ヤーギン 黒輪篤嗣   (東洋経済新報社) [浜松本店]

浜松本店 店長:細川のおすすめ

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まって、もうすぐ1年が経とうとしています。この戦争により、「地政学」「安全保障」といった専門用語が、今まで国際政治等にあまり関心が無かった方達にも浸透してき...

『旬のカレンダー』 旬の暮らしをたのしむ会  (ダイヤモンド社)
『旬のカレンダー』 旬の暮らしをたのしむ会  (ダイヤモンド社) [パルシェ店]

パルシェ店・京 のおすすめ

季節の行事、旬の食材や花など「日本の一年」が月ごとに温かみのある挿絵とともに,紹介されています。日頃、売場のフェア台で旬の商品を展開して季節感を出すようにしていますが、毎日の生活は慌ただしく、日...

『いちご』     平山和子  (福音館書店)
『いちご』 平山和子  (福音館書店) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

この絵本を季節絵本として選んで展開をするのは、実は大きなお店の児童書担当になってからで、絵本自体はとても歴史があるのですが、私の中では、まだまだこれから大切に販売していきたいと思っている絵本です...

『小学生がたった1日で19×19までかんぺきに暗算できる本』 小杉拓也 (ダイヤモンド社)
『小学生がたった1日で19×19までかんぺきに暗算できる本』 小杉拓也 (ダイヤモンド社) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

算数の入門書として発売した本書ですが最近もの凄い勢いで売れている書籍です。かけ算の裏技とかテクニックではなく、計算を工夫して暗算しましょう。というのが狙いの書籍です。なので小学生がメインターゲッ...

『スーパーの裏でヤニ吸うふたり 1』 地主 (スクウェア・エニックス)
『スーパーの裏でヤニ吸うふたり 1』 地主 (スクウェア・エニックス) [富士宮店]

富士宮店・店長:河合のおすすめ

このご時世になんというタイトルだろうか。昭和生まれの、歴戦の喫煙者であるおっさんですら怖気ずくほどのインパクト。即決で購入。一気に引き込まれた。舞台はスーパー裏にある従業員用喫煙所。小道具はタ...

『しごとへの道 1』 鈴木のりたけ (ブロンズ新社)
『しごとへの道 1』 鈴木のりたけ (ブロンズ新社) [富士店]

富士店:田雜のおすすめ

今、絵本「大ピンチずかん」が大人気!鈴木のりたけさんの児童書最新刊です。待望の新刊は、これまで6冊刊行されている「しごとばシリーズ」の読み物版となる新シリーズ、「読むしごとば」の第一弾です。「...

『「好き」の因数分解』 最果タヒ (リトル・モア)
『「好き」の因数分解』 最果タヒ (リトル・モア) [浜松本店]

浜松本店 副店長:永山のおすすめ

目次の「ゆらゆら帝国」「古畑任三郎」「エレキベース」「NUMBER GIRL」あたりの単語におっとなったので。「何かを好きなのに理由なんて必要ない」それはそう。それはそうとして、自分の中にある「...

『汝、星のごとく』 凪良ゆう (講談社)
『汝、星のごとく』 凪良ゆう (講談社) [営業本部]

営業本部:野尻のおすすめ

第168回の直木賞候補作、凪良ゆうさんの「汝、星のごとく」。実は、この回の直木賞候補作品の中で一番心に刺さった作品だった。個人的な思いとしては、受賞作品の「地図と拳」「しろがねの葉」と、この「汝...

『カニカマ人生論』 清水ミチコ  (幻冬舎)
『カニカマ人生論』 清水ミチコ  (幻冬舎) [浜松本店]

浜松本店・永井 のおすすめ

カニカマ。それは日本が誇る、モノマネ芸の元祖。安くておいしく、栄養豊富。ちょっとググれば、無数のレシピが存在し、あろうことか、その人気はすでに世界レベル。ヘイ、コール・ミー「SU・RI・MI」!...

The Flaming Lips 『The Observer』
The Flaming Lips 『The Observer』 [読書におすすめの音楽]

谷島屋がおすすめする読書にオススメの音楽     (不定期更新)

The Flaming Lips の『The Observer』本日の読書におすすめの音楽はこれ。1999年リリース、ザ・フレーミング・リップスのアルバム「ザ・ソフト・ブレティン」からインストナ...

『本当はおもしろい中学入試の理科』 尾嶋好美   (大和書房)
『本当はおもしろい中学入試の理科』 尾嶋好美   (大和書房) [バイヤー(学習参考書)]

学習参考書バイヤー:清水のおすすめ

黒インクは、本当は黒じゃないって、ご存知でした?水性の黒のサインペンで線を引いたフィルターに水を吸わせると、色がにじみ、ピンクやブルーの色があらわれます。サインペンの種類によって、あらわれる色...

『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』  岩田松雄   (サンマーク出版)
『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』  岩田松雄   (サンマーク出版) [富士店]

富士店・店長:杉田のおすすめ

9年前、浜松の店舗に異動になりました。それまでは静岡市内の店舗にしか所属したことがなく、同じ会社内とはいえ、ほぼ知らない人たちの中に入っていくこと、店舗規模や役割…などなど、不安...

『校正のこころ 増補改訂第二版』 大西寿男  (創元社)
『校正のこころ 増補改訂第二版』 大西寿男  (創元社) [浜松本店]

浜松本店 店長:細川のおすすめ

「校正」とは、「本や新聞など文字情報が世に放たれる前に、その内容や表現に誤りや不備がないか、一文字一文字すべてチェックする」(本書より)ことだそうです。本書の著者の大西寿男さんは、校正の第一人者...

『平和の国の島崎へ 1』    濱田轟天 瀬下猛   (講談社)
『平和の国の島崎へ 1』   濱田轟天 瀬下猛   (講談社) [バイヤー(コミック)]

コミックバイヤー:阿部のおすすめ

テロ組織に拉致監禁される。生まれた時から本州以外に住んだことのない田舎住まいの私に現実感は乏しい。映画ドラマ、なにより現実としてニュースで報道されることは少なくない、多くの人々の人生を破壊する...

『まよなかのゆうえんち』     ギデオン・ステラー マリアキアラ・ディ・ジョルジョ  (BL出版)
『まよなかのゆうえんち』 ギデオン・ステラー マリアキアラ・ディ・ジョルジョ  (BL出版) [バイヤー(児童書)]

児童書バイヤー:井澤のおすすめ

この絵本が私の店に入荷したのは12/16の金曜日。クリスマスを一週間後に控え、週末の集客はちゃんとあるだろうか?と不安な気持ちと忙しさが入り混じった日々が続いていました。そんな精神状態のときに私...

『Deep Skill(ディープスキル) 』 石川明  (ダイヤモンド社)
『Deep Skill(ディープスキル) 』 石川明  (ダイヤモンド社) [バイヤー(ビジネス書)]

ビジネス書バイヤー:丸林のおすすめ

「仕事ができる人間になりたい」なんて悩むとスキルを磨いたり、教養を身につけたりと日々なにかしらの勉強をしている方も多いかと思います。しかしスキルを発揮できずに空回りなんて事も往々にしてあるのでは...

『育休刑事』 似鳥鶏  (KADOKAWA)
『育休刑事』 似鳥鶏  (KADOKAWA) [磐田店]

磐田店・店長:新井のおすすめ

タイトルの通り、育休を取って子育てに奮闘している刑事(男性)が事件に遭遇し、捜査協力をする。いたって普通の主人公が普通じゃない姉と協力し、育児の知識をヒントに事件を解決していくという物語。まず...

『おれは非情勤』 東野圭吾  (集英社)
『おれは非情勤』 東野圭吾  (集英社) [外商部・管理部]

管理部:丸井のおすすめ

今から25年ほど前に「5年の学習」「6年の学習」に掲載された短編集の文庫化。舞台は学校、主人公は非常勤の先生。ここまでは学習雑誌として問題なし。なのに、ストーリーには殺人や浮気が出てきて、当時...

『絶叫委員会』 穂村弘 (筑摩書房)
『絶叫委員会』 穂村弘 (筑摩書房) [浜松本店]

浜松本店 副店長:永山のおすすめ

ここに集められた言葉を日常生活のなかで聞いたとして、半分はするっと聞き流してしまいそう。というか、実際聞き流しているな……と思うものもちらほら。もう半分は言葉そのもの...

全部で983件中 161-180件を表示